現在位置:ホーム > 施設のご紹介 > グループホーム はくちょう荘

施設のご紹介

グループホーム はくちょう荘

はくちょう荘外観

1日の生活は、「ゆったり」「いっしょに」「楽しみながら」生活リハビリを行い、生活意欲を高めます。
レクリエーションや日常生活を通じ、残存機能の活用を図ります。

  • 地域の行事に参加し交流を図っています。
  • 花壇でお花を育てたり畑で野菜作りをして楽しんでいます。
  • 居室は個室になっておりますので、なじみの家具などを持ち込んで家庭に近い環境で過ごしていただけます。
  • 毎週月曜日、「認知症専門医」による定期受診があります。又、訪問看護ステーションと「医療連携体制」をとっており、週に一度、看護師による訪問があり、入居者様の健康管理をしています。24時間365日体制で入居者様の体調変化に対応しています。
  • 毎週第3土曜日、地域交流の場(ふらり桜峰)を利用し健康相談会・カラオケ会を開催し地域の住居の方と交流を深めています。

ご利用対象者

  • 認知症と医師から診断され介護保険制度で定められる要支援2以上にある方
  • 共同生活を送るのに支障がない方(極端な暴力行為・自傷行為等をする恐れのある方、感染の恐れのある疾病に感染している方等を除きます)

サービス内容・特徴

グループホームは、介護が必要な認知症の方が少人数で職員と家庭的な共同生活をする場です。

自立支援

家庭的な雰囲気の中で普通の生活をします。
自分達の食事はできるだけ自分達で作ります。入居者は能力に応じて無理のない範囲でできることを職員と一緒にします。
援助するスタッフは何でもお世話してしまうのではなく、根気よく見守りながら、できるだけ日常生活のことは自分でしていただき、それが生活リハビリとなります。

小規模ケア

入居者が9人程度の環境だとお互いなじみの存在になれますし、スタッフも入居者の特徴を把握しやすくなることで密度の濃い人間関係を築くことが可能になり、信頼関係が作れます。

個別性の尊重

グループホームには台所と広いリビングルームがあり、入居者の居室は個室になっています。
これにより、個室では自分のプライバシーを守ることができ、認知症特有の物盗られ妄想などのトラブルも小さくなります。
誰かと話がしたければリビングルームに行き、くつろぐこともできるなど、生活にメリハリをつけることができます。

地域密着型サービス

地域の行事にはできるだけ参加し、交流を深め、地域の顔なじみとして住み慣れた環境での生活を継続できるようにします。

ふらり桜峰(交流ルーム)

地域交流の場として、グループホームに隣接した「ふらり桜峰」は地域の皆様と交流を図り、地域に根ざした生活支援を行っております。
毎月1回「健康相談会」を開催しております。お気軽に御利用下さい。

施設の様子

リビングルーム

▲リビングルーム

リビングルーム

▲リビングルーム

居室

▲居室

リビングから眺めた、庭の様子

▲リビングから眺めた、庭の様子

2階へはエレベーターでも行けます

▲2階へはエレベーターでも行けます

のんびりできる桜峰(地域交流の場)

▲のんびりできる桜峰(地域交流の場)

施設見取り図

詳しくはこちらの施設見取り図PDFファイルをご覧下さい。

見取り図(PDFファイル)

施設概要

構造規模 木造・平屋建
敷地面積 280.44㎡
延床面積 1,357㎡
所在地 青森市大字横内字桜峰8番地1
TEL・FAX 017-738-3000
所在地

最寄りのバス停...浄水場入口

お問い合わせはこちらまで TEL:017-738-3000

このページの先頭へもどる

copyright(c) 2008 社会福祉法人 諏訪ノ森会 - 無断複製・転載を禁じます。